Newsletter5月号LCIF理事長 グドラン・イングバドター

ライオンズの皆さんへ

私たちはライオンズとして、地域社会事業に時間と労力を注ぐことに慣れています。しかし、パンデミックが続いているために、今も直接集まることが困難な状況にあります。つまり、多くの事業が保留されている、ということです。こうした中、忘れないでいただきたいことがあります。行動と寄付はどちらも奉仕の形です。外に出て奉仕することがまだ不可能であるなら、今日にでもLCIFに寄付することを考えてみてください。個人的に、またはクラブとして、あるいはその両方でもかまいません!安全に行える事業に交付金を提供することで、LCIFは皆さんをはじめとする世界中のライオンズとレオを支援し続けています。そしてそれは、第一線で働く人々の健康を維持するために役立っているのです。直接奉仕することができなくても、今日の奉仕を寄付によって行っていただければ幸いです。

友情をこめて
ライオンズクラブ国際財団理事長
グドラン・イングバドター