第68回地区年次大会開催

68回地区年次大会津山大会が快晴の元417日(日)午前9時より岡山県津山市山下にある多目的ホール津山文化センターに於いて伊原木岡山県知事様、谷口津山市長様、渡辺国際理事にもご臨席を賜り厳かに開催されました。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第66回倉敷大会・第67回岡山大会は規模を縮小した、セレモニー形式で開催されたため、久しぶりの対面での本大会となりました。

代議員会

午前9時より代議員会が開催されました。

地区ガバナー提出議案

【議案-1】次期地区ガバナー選出について

『地区ガバナー立候補届出規則』により、2022-2023年度地区ガバナーとして届出のあった西尾`1員一(にしおしんいち)(鳥取ライオンズクラブ所属)に対し、国際会則付則第9条第6項(a)および336-B地区第68回地区年次大会議事規則-12(1)により選挙を行ない、その結果の報告を受け確認したい。

【議案-2】次期第一副地区ガバナーについて

『第一副地区ガバナー立候補届出規則』により、2022-2023年度第一副地区ガバナーとして届出のあった藤井信英(ふじいのぶひで)(岡山みらいライオンズクラブ所属)に対し、国際会則付則第9条第6項(b)および336-B地区第68回地区年次大会議事規則-12(2)により選挙を行ない、その結果の報告を受け確認したい。

【議案-3】次期第二副地区ガバナーについて

『第二副地区ガバナー立候補届出規則』により、2022-2023年度第二副地区ガバナーとして届出のあった上原正樹(うえはらまさき)(岡山西ライオンズクラブ所属)に対し、国際会則付則第9条第6項(C)および336-B地区第68回地区年次大会議事規則-12(3)により選挙を行ない、その結果の報告を受け確認したい。

【議案-4】2020-2021年度地区一般会計収支報告

および第67回地区年次大会収支報告の承認を求めることについて

【議案-5】2021-2022年度上半期地区一般会計収支報告の承認を求めることについて
【議案-6】5リジョンのゾーン再編について

5リジョンのゾーン編成は承認されています。名称については「倉敷ゾーンは使用せず、5リジョン1ゾーンとする。

[代議員会]提出議案 次期地区ガバナー候補者提出議案

【議案-1】2022-2023年度地区アクティビティ・スローガン、地区ガバナー・キーワーRガバナー基本方針について

《2022-2023年度地区アクティビティ・スローガン》

地域に寄り添い 未来に繋げる 新たな挑戦

私達を恐怖に陥れたパンデミックは、未だ終息が見通せない状況にあります。しかしながら振り返ってみれば、この影響を受けて、社会生活や私達ライオンズの活動は大きく変化しました。
どのような厳しい環境にあっても、地域にニーズがある以上、私達は奉仕の手を緩めてはいけません。
ライオンズの輪を広を広げ、皆で力を合わせて時代の様々な変化に対応し、困難を乗り越え、地域に寄り添った奉仕に挑戦し続けて成功に導いてこそ、メンバーには笑顔が、そして喜びと満足があり、それこそが次の世代に向けて前進し繋げるパワーになるのではないでしょうか。

《2022-2023年度地区ガバナー・スローガン》

調和と融合 明るく・楽しく・元気よく

他人の足を引っ張ることは、組織の維持・発展を阻害する何物でもありません。
どのような状況にあっても後ろを振り返るのではなく、前だけを見据えてチームが団結し、行動を起こすことが重要です。明るく・楽しく・元気よく“ワン・チームで情熱を捧げていくことにより、最高の満足が得られるはずです。

【議案-2】2022-2023年度地区会費・地区大会費について

336-B地区会員ひとりあたり1ヵ月
地区会費850円 地区大会費300円 合計1,150円(今年度同額)
※なお、二人日以降の家族会員は0円とする。

【議案-3】地区緊急援助資金次年度の補填について

地区緊急援助資金は、規定により積立基準額が10,000,000円と定められている。
今年度上半期末での残高8,124,296円に預金利息24円が加算され、さらに日本ライオンズオリンピック・パラリンピック支援協力金の精算金5,913,891円から、SON支援金435,000円を拠出し、振込手数料110円を差し引いた5,478,781円を預入れし、2022年3月17日時点の残高は、13,603,101円となっており規定の基準額を満たしているため、次年度での補填は行なわないこととしたい。

【議案-4】2022-2023年度第69回336-B地区年次大会について

第69回地区年次大会は2023年4月16日(日)とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)において開催し、ホストクラブは7リジョン1・2ゾーンの10クラブ1支部とする。

《7R-lZ》
鳥取・鳥取中央・鳥取いなば・鳥取久松・鳥取千代・鳥取砂丘・鳥取久松しろやま支部
《7R-2Z》
倉吉・倉吉打吹・倉吉北・倉吉グレート

※336-B地区内クラブからの提出議案はありません。

[代議員会]提出議案 次期地区ガバナー候補者

西尾 愼一(にしおしんいち)
[所属クラブ]7R-lZ鳥取ライオンズクラブ
[入会年月]2011年1月
[生年月日]1947年4月4日(74才)
[勤 務 先]トミタ電機株式会社 取締役・常勤監査等委員

ライオン歴

2011年1月 鳥取ライオンズクラブ入会
2011年7月~2012年6月 クラブ理事
2012年7月~2013年6月 クラブ幹事
2014年7月~2015年6月 クラブ会長
2015年7月~2016年6月 7R・YCE・国際関係委員
2016年7月~2017年6月 7R-lZ ZC
2018年7月~2019年6月 クラブ理事
2019年7月~2020年6月 7R・GSTメンバー
2020年7月~2021年6月 クラブ理事・第二副地区ガバナー
2021年7月~2022年6月 第一副地区ガバナー

ライオンズ受賞歴・公職・受位

2014年~2015年 下期ガバナーズアワード「会員増強優秀賞」
2015年~2016年 メンバーシップキー賞、メルビン・ジョーンズ・フェロー賞
2016年~2017年 ゾーンチェアパーソン賞、ライオンズクエスト・サポーターズピン
2017年~2018年 100周年記念会員増強賞
2021年~2022年 10周年マイルストーン・シェブロン賞
鳥取県交通安全協会 監事
鳥取県交通安全協会 鳥取地区協会 常任委員
鳥取県交通安全協会 美保支部支部長
鳥取県危険物保安協会連合会 監事
鳥取県東部危険物保安協会 理事

所信表明

私は、この度2022年-2023年度地区ガバナーに立候補させていただきました、7R-lZ鳥取ライオンズクラブ所属の西尾慎一です。どうか宜しくお願い致します。
さて、私の所属する鳥取ライオンズクラブの尊敬するチャーターメンバーであり、1969~1970年度302-W2(現336-A・336-B)地区ガバナーL松岡新平は「ライオンズクラブの奉仕とは、地域住民の文化向上、青少年の育成・啓発|こ努力する事ではなかろうかと考えます。そしてライオンズクラブ運営の根本は、出席率の向上、会員相互理解による友情の向上、地域社会へのあらゆる奉仕である。」と就任時に述べられており、この精神は今日に至るまで脈々と引き継がれています。
しかしながら、私達を取り巻く環境は厳しく、コロナウイルス感染症の影響を受け、満足な活動が出来ない状況が続いています。又、会員の高齢fヒや新規入会者の減少、定着率の低下による会員数の減少も満足な活動を妨げる要因となってます。
このような状況を打破し前に進むためにどうすればよいか、私達は日々刻々と変化する時代の流れに即応していかねばならないと考えています。
私達を恐怖に陥れ、困難を蒼したパンデミックで,まありますが、振り返ってみれ|まこれをきっかけに社会生活や私達の活動は大きく変化しました。
そしてどのような厳しい環境にあっても、地域ニーズがある以上、奉仕の手を緩めてはいけません。ライオンズの輪を広ヤ八皆で力を合わせてあらゆる困難に打ち勝ち、地域に寄り添った活動が~出来なし」ではなく「どうしたら出来るか」に方向転換することが重要です。そして、多くの活動を式功に導いてこそ、次の世代に向けて前進するパワーになるのではないでしょうか。
そして、我々のモットーである“We Serve”を推し進める為には、知恵と時間と体力、そして少しのお金も必要かもしれません。しかし、我々が目標を達成しえた時には喜びと満足があります。どのような状況にあっても後を振り返るのではなく、前を見据えてチームが団結し、行動を起こすことが重要です。私たちライオンズにはよりよい未来を築くためのパワーがあり、前進する力があると信じています。そのためには、クラブが元気になり、楽しいライオンズライフを送ることが重要であることは言うまでもありません。ライオンズクラブの発展を祈念し、皆さんと共に、「明るく・楽しく・元気よく」ワンテームでがんばって行きたいと思っています。

2022-2023年度地区ガバナー候補者
西尾 愼一

[代議員会]提出議案 第一副地区ガバナー候補者

藤井 信英(ふじいのぶひで)

[所属クラブ]lR-3Z岡山みらいライオンズクラブ
[入会年月]2003年12月
[生年月日]1969年1月6日(53才)
[勤務先]株式会社藤井工業 代表取締役会長

2022-2023年度第一副地区ガバナー候補者経歴書
ライオン歴

2003年12月3日 岡山ひかリライオンズクラブ入会
2006年7月~2007年6月 認証35周年 クラブ幹事
2007年7月~2010年6月 クラブ理事
2010年7月~2011年6月 クラブ会員委員長
2011年7月~2012年6月 認証40周年 クラブ会長
2012年7月~2013年6月 クラブ理事
2013年7月~2014年6月 クラブ会計
2014年7月~2016年6月 クラブ理事
2016年7月~2017年6月 認証45周年 大会委員長
2017年4月末日 岡山ひかリライオンズクラブ退会
2017年8月3日~2018年6月 岡山みらいライオンズクラブ 結成会長
2018年7月~2019年6月 クラブ前会長 クラブ委員委員長 クラブLCIFコーディネーター
2019年7月~2020年6月 (一社)日本ライオンズアラート委員会MD336班長 MD336アラートチームB地区担当委員 336-B地区アラート委員長
2020年7月~2021年6月 (一社)日本ライオンズクラブアラート委員会MD336班長 MD336アラートチームB地区担当委員 336-B地区lRリジョンチェアパーソン
2021年7月~2022年6月 336-B地区第二副地区ガバナー (一社)日本ライオンズアラート委員会MD336班長 336複合地区アラート委員会 緊急・災害・実働部門副委員長

ライオンズ受賞歴・公職・受位

2021年~2022年国際会長賞『リーダーシップ・アワード』受賞

所信表明

この度、2022~2023年度336-B地区第一副地区ガバナーに立候補させて頂きますlR-3Z岡山みらいライオンズクラブ所属の藤井信英です。
今年度も昨年度に引き続きコロナウイルスの感染拡大により思うような活動が出来なかった一年となりましたが自分なりに出来ることを模索しながら第二副地区ガバナーとしての役職を全うしたつもりでおります。
現在、我々の地区は会員数が約2600人と逼迫した状況が続いており、このままだと5年後、10年後には地区会員数が1500人足らずに減少するような危機感をも感じております。もちろん会員増強は永遠のテーマではございますが、昨今のコロナ禍で理事会、例会、ACTが思うように開催出来ず会員も経済的ダメージを受けている中で私自身、先ずはクラブの正常化が第一だと考えております。新会員が増える事は望ましい事ではありますが既存メンバーの退会防止が一番の課題だと考えております。
例会の見直しや中でもACTの見直しは会員の意識向上や楽しみ、やりがいを見つけるチャンスに繋がるのではないでしょうか。本当に喜んで貰えるACTは会員増強や退会防止の一つのキーになると私は感じております。それを後押しする為に今の時代にあったクラブ運営、キャビネット運営を推奨し、「変化への挑戦」をモットーに10年、20年後を見据えてリーダーとして舵を取って行きたいと考えております。その為に地区内に青年アカデミー委員会及び長期ビジョン委員会を設置し若手会員の意識向上と長期年度での地区の未来計画を実現させたいと考えております。時代は変化しています。その変化に対応し良き伝統は残しつつ新しい斬新なクラブ運営が今後のライオンズクラブの課題だろうと思っております。
地位も名誉も資産も無い、こんな53歳の若輩者の私でも地区ガバナーが出来たのだと、これからの若い世代のメンバーにも刺激になってもらえれば嬉しいですし、何より同じL字のバッチを付けたメンバーがライオンズクラブに所属している事を誇りに思い、その楽しさから新しい仲間を増やしていける、そんな地域団体であるべきだと私は考えております。
最後になりますが今回皆様方にご信任頂ければ、ガバナーチームの一員として次期ガバナー方針のもと第二副地区ガバナーと共にガバナーを支えていくのは勿論の事、アラートについても今まで通り自分自身で現地へ入り適格な支援指示も変わらず続けていく所存でございます。
336-B地区、各クラブの発展の為に誠心誠意努力致します。
メンバーの皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

2022-2023年度第一副地区ガバナー候補者
藤井 信英

[代議員会]提出議案 第二副地区ガバナー候補者

上原 正樹(うえはらまさき)

[所属クラブ] 2R-lZ岡山西ライオンズクラブ
[入会年月] 2006年7月
[生年月日] 1965年11月8日(56才)
[勤 務 先] 株式会社千田組 代表取締役社長・有限会社新千組 代表取締役社長

2022-2023年度第二副地区ガバナー候補者経歴書
ライオン歴

2006年7月3日 岡山西ライオンズクラブ入会
2007年7月~2008年6月 クラブ理事
2008年7月~2009年6月 336-B地区青少年キャンプおよび交換委員長・クラブ理事
2009年7月~2010年6月 336-B地区YE委員長、第56回地区年次大会決議委員会委員・テールツイスター
2010年7月~2011年6月 クラブ副幹事
2011年7月~2012年6月 クラブ幹事
2012年7月~2013年6月 クラブ理事
2013年7月~2014年6月 336-B地区GMT地区コーディネーター・GMT委員長・第60回地区年次大会国際理事候補者推薦副委員長・クラブ理事
2014年7月~2015年6月 336-B地区GMT地区コーディネーター・GMTチームリーダー・クラブ第二副会長
2015年7月~2016年6月 336-B地区GMT地区コーディネーター・GMTリーダー・第62回地区年次大会国際理事候補者推進委員長・クラブ第一副会長
2016年7月~2017年6月 クラブ会長
2017年7月~2018年6月 クラブ前会長
2018年7月~2020年6月 クラブ理事
2020年7月~2021年6月 336-B地区2R-RC・レガシー特別委員、クラブ理事・第67回地区年次大会指名・選挙委員会副委員長
2021年7月~2022年6月 クラブ理事

ライオンズ受賞歴・公職・受位

国際会長感謝状5回、2011-2012年度下半期ガバナーズアワード:年間スポンサー個人賞
MEMBERSHIP KEY、Silber Centennial Award、2014-2015年度GMT優秀賞
2015-2016年度下半期アワード:会員増強部門4名の新会員スポンサー、キー賞(5名以上)
Gold Centennial Award、Diamond Centennial Award
メルビン・ジョーンズ・フェロー賞

所信表明

この度の2022~2023年度336-B地区第二副地区ガバナーとして、僣越ながら立候補させていただきました2R-lZ岡山西ライオンズクラブ所属、上原正樹です。
私がライオンズクラブに入会させていただいたのは今から16年前、2006年のことでした。
まだ若く思慮も浅かった頃から、会員の皆さまから本当に多くのことを学ばせていただき、今日に至ることができましたことをまずは感謝申し上げます。
16年の間には過分なご期待をいただき、2008年から2010年の2期においてYE(YCE)の地区委員長、そして2013年~2016年の3期にはGMT地区コーディネーター・GMT委員長、さらに2020年~2021年に2Rリジョンチェアパーソンに任命いただきました。身に余る大役ながら、皆さまのご協力のもと無事務め上げることができました。そして今、岡山西ライオンズクラブを代表して336-B地区ガバナーの大役を務めさせていただきたいと考えております。
これまでいただいたご期待に応えるべく重ねてきた経験をもとに、これからさらに磨き上げ、勉強させていただく決意を固めています。
私たちライオンズクラブを取り巻く環境は、大きく変わろうとしています。ライオンズクラブの骨子としてきた「奉仕活動」に対する考え方そのものが、世の中の通念から離れているように感じています。私たちもここ数年でさまざまな施策を講じ、会員の増強や活動の在り方を探ってまいりました。
これまでライオンズクラブが遵守してきた基本原則や活動目的という盤石な土台あってこそ「変革と挑戦」は成り立つもの。それぞれのエリアやクラブの方針に沿った方向性は逸脱することなく、時代に合わせていくことも肝要なのではないでしょうか。ライオンズクラブ国際協会100年の歴史から見れば、私の16年の経験などわずかなもの。これまで続いてきた基礎となっている部分を皆さまと共に今一度振り返り、理解し、次の世代へつながる新たな一歩を踏み出したいと考えております。
私のような若輩者がガバナーに立候補することは、諸先輩方には大変失礼なのは重々承知であります。しかし、若輩だからこそ会員全員が新会員の心を持ち、お互いを理解し尊重し許しあうことができると考えます。これからライオンズクラブが素晴らしい団体となり、より強固な結束でつながれるように、前向きに邁進して行こうではありませんか。
一人でもアクティビティを必要とされている方が居れば即座に実現できる体制づくり。毎日のちょっとした心配りすらもライオンズクラブとしてのアクティビティの一つになる。そんな自由闊達で活動範囲を狭めないライオンズクラブになればといつも思っています。
大規模クラブの言動や、日立つアクティビティ・催し物ばかりが取り上げられているのが現状です。少人数のクラブや、少規模なアクティビティであろうとも、受ける一人にとっては規模の大小は関係ありません。私たちもお一人おひとりに確実に届く活動に配慮していかなければならないと考えます。
今こそ、全会員で団結し、心に残るライオンズクラブにしたいと考えています。皆さまのご支持を賜われれば幸甚に存じます。
一人はみんなのためにみんなは一人のために。日々のちょっとした行動がライオンズクラブのアクティビティである。
そうした気持ちと「ライオンズらしさ」を忘れずに、ライオンズのマークを胸に掲げ、みんなで誇りを持ってライオンズライフを楽しみましょう。

2022-2023年度第二副地区ガバナー候補者
上原 正樹

第68回地区年次大会式典

プログラム

1.開会
2.キャビネット5役入場
3.開会ゴング並びに開会宣言
4.国旗に敬礼
5.国家並びにライオンズヒム斉唱
6.「ライオンズの誓い」唱和
7.物故会員追悼
8.来賓紹介
9.地区役員紹介
10.大会委員長歓迎挨拶
11.地区ガバナー挨拶
12.来賓祝辞
13.祝電披露
14.地区ガバナー年次報告
15.地区年次大会決議報告
16.国際会長アワード伝達
17.国際平和ポスター/上半期アワード表彰
18.地区年次大会特別表彰
19.地区ガバナーエレクト・次期第一・第二副地区ガバナー発表
20.地区ガバナーエレクト・次期第一・第二副地区ガバナー入場
21.地区ガバナーキー伝達・花束贈呈
22.地区ガバナーエレクト挨拶
23.次期大会開催地・次期ホストクラブ発表
24.次期ホストクラブ代表挨拶
25.ライオンズ・ローア
26.閉会宣言
27.閉 会

開会

来賓祝辞

 

 

国際平和ポスター

最優秀賞_笠岡市立金浦中学校1年_高田琴杜鼓_スポンサークラブ:笠岡東LC

アワード表彰

国際アワード/2021-2022年度国際会長賞

GST地区コーディネーター 片岡 秀憲(6R-lZ井原LC)

GET地区コーディネーター 遠藤 謙一(8R-2Z米子城山LC)

地区アラート委員長 川本 浩一郎(1R-3Z岡山みらいLC)

国際アワード/リーダーシップ賞

GMT地区コーディネーター 小野 大作(2R-lZ岡山東LC)

FWT地区コーディネーター 斉藤 由香(lR-3Z岡山みらいLC)

第68回地区年次大会大会委員長 土井 義幸(3R-lZ津山鶴山LC)

国際会長感謝状

MD336-SPC/FWTコーディネーター 有本 みどり(2R-lZ岡山ハーモニーLC)

MD336-lT・MC・情報特別委員会委員・2RlZ-ZC 難波 進(2R-lZ岡山あげはLC)

会 長 中島 輝行 lR-3Z岡山みらいLC

会 長 永島 正敏 lR-lZ岡山LC

幹 事 畑中 隆之 lR-3Z岡山みらいLC

会 長 田野 郁夫 lR-3Z岡山みらいLC

クラブLCIF C/N 原田浩二 lR-3Z岡山みらいLC

3R-RC 高見 仁志 3R-2Z湯原LC

キャビネット会計 福島 正明 3R-2Z落合LC

クラブGLT委員 西﨑 哲一4R-2Z倉敷西LC

会長 中村 礼子2R-lZ岡山ハーモニーLC

会長 小野 政彦8R-lZ米子LC

会長 江戸 温8R-2Z境港LC

会長 木口 裕公6R-2Z総社LC

会長 八木 敏雄6R-2Z高梁LC

会長 歳安 友繁lR-4Z備前三石LC

会長 吉田 信哉4R-lZ玉野LC

会長 片山 貴光4R-lZ児島鷲羽LC

会長 高橋 千鶴子4R-lZ倉敷ローズLC

会長 田中 千祥子4R-2Z玉島LC

会長 三谷 賢司2R-lZ岡山南LC

2021-2022年度LCIF理事長賞

《$51,000》国際理事 渡部 雅文 (4R-2Z倉敷西LC)

2021-2022年度上半期ガバナーズアワード

《ガバナーズ特別大賞》

ヘアードネーションヘの協力/小学3年生 前田 真佳さん(6R-2Z総社雪舟)

《ガバナーズ大賞》
青少年健全育成部門

lR-lZ岡山パールLC
岡山市善隣館野子ども達とみかん狩り
2021年11月28日瀬戸内市黒井山グリーンパークにて1日里親とし、児童養護施設岡山市善隣館の子ども達を招待して「善隣館みかん狩り」を約30名で行った。支部主導の初アクティビティで、子ども達の顔を写さないように等注意点も多く、まずは楽しんでもらえることを目指した。みかん狩りはもちろん、鬼ごっこやお弁当等、積極的に交流をし、とても喜んでもらえた。不参加の子供達にもお土産を準備し、施設の子ども達全員に喜んでもらえる工夫をした。コロナ禍で万全の対策をして実施した。後に届いた、心のこもったお礼状に感動した。

青少年健全育成部門

2R-lZ岡山西LC
CN50周年記念事業『障がい者野球支援任意団体The KISへ協賛金の贈呈』
青少年健全育成の活動の一環として、協賛金贈呈・交流試合を行いました。手がないなど障害者用の野球グローブ作成金型が大人用しかないため、子供用の金型を作成するための協賛支援を行いました。

国際奉仕部門

3R-2Z湯原LC
眼鏡リサイクル事業
視力関係プログラムの『眼鏡リサイクル』に取り組み、集まった眼鏡は地元社会福祉協議会への寄贈とライオンズ眼鏡リサイクルセンターヘ送った。

地域奉仕部門

4R-lZ児島鷲羽LC
六口島海岸清掃
昨年に引き続き、2回目の六口島海岸清掃となりました。南側の海水浴場及び、北側の港周辺のゴミ拾いを行いました。今回はご家族の方(お子様合)にも参加して頂き、海辺が徐々にきれいになり、気持ち良い汗を流しました。

地域奉仕部門

4R-2Z倉敷西LC
玉島商工会議所
倉敷市文化振興財団
玉島LC
新倉敷LC等
【第34期竜王戦第5局誘致及び高校生将棋大会開催】地元の知名度と活カアップを図る目的で3年間の地道な誘致活動を行った結果、第34期竜王戦第5局を地元倉敷市玉島に誘致することに成功した。藤井3冠の4連勝により結果的に倉敷対局は幻となってしまったが、①前夜祭の代替えイベント「新竜王誕生を祝う会」の開催②勝負めし/おやつMAP作成等の地元PR活動③将棋ファンの子供たちに夢を与える「高校生将棋大会」の開催等の活動を行った。

環境保全・保健福祉部門

5R-2Z倉敷天領LC
倉敷川清掃奉仕
岡山県立倉敷商業高校ボランティア学生(延べ610名)4と倉敷川清掃奉仕を7月、12月に実施

青少年健全育成部門

6R-2Z新見LC
教育講演会
「南極ってどんなとこ!?」
青少年の健全育成を目的に、第61次南極地域観測隊の一員として活躍した新見市出身の山本貴士氏を講師に招き、講演会を実施。講演や展示を通して子供たちの興味を集めることが出来た。青少年参加者総数250名

GLT部門

3R-2Z 5クラブ合同
5クラブ合同会報誌発行
ZCからの発案により、合同会報誌をつくることになり、会報誌検討委員会を発足。その後、具体的な作業を経て1月25日に完成したもの。

青少年健全育成部門

8R-lZ米子LC
看護学生へのマスク・食料品寄付
コロナ禍の中、アルバイト収入も減り、生活を切り詰めながら将来の医療従事(看護師)を目指し、学業に励んでおられる学生の生活の一助として、マスク及び食料品の寄付を行った。

優秀賞

地域奉仕部門

lR-3Z岡山吉備LC
第6回岡山吉備LC杯学童ソフトボール大会
日頃より地域で練習を重ねる13チーム560人が集い、地域の審判の方々の協力を得て6回目の大会を開催、当初9月開催の予定が、感染拡大の影響で12月に開催することが出来た。早朝から、子ども達の笑顔とプレーで、皆に元気を与えてくれる試合となった。

地域奉仕部門

lR-4Z備前LC
献血活動
岡山県血液センターの移動献血車を、備前商工会館に2台、リフレセンターに1台。全会員の呼びかけで、231名受付、195名献血(400ml)の協力をいただけた。

GST部門

2R-2Z岡山ひかりLC
予約献血記念品贈呈
輸血用血液の安定的な確保が求められている中、岡山県赤十字血液センターに予約血液推進グッズとして『レトルトカレー3000個』贈呈しました。

地域奉仕部門

2R-lZ岡山ハーモニーLC
岡山県立倉敷まきび支援学校にグランドピアノ寄贈
西日本豪雨により、施設設備に大きな被害を受け、生徒たちも心に大きな傷を負いました。その生徒たちにグランドピアノを使用して、授業ができると共に、音楽を通して心穏やかな日常生活が送れるよう願い贈呈させていただきました。

YCE/青少年健全育成部門

3R-lZ津山衆楽LC
津山工業高等専門学校学生への物資支援
2年近く続くコロナ禍で疲弊している学生達を物資の支給で支援する。

GST部門

環境保全・保健福祉
3R-2Z真庭旭LC
「少年の森」草刈清掃
当クラブが整備した野外研修施設「少年の森」の整備を行った。

青少年健全育成部門

4R-lZ倉敷ローズLC
国際平和ポスターコンテスト
7月、倉敷市児島地区12の小学校と5つの中学校へ「私たちはみんなつながっている」のテーマで国際平和ポスターコンテストの応募を依頼し、9月第一例会にて、当クラブメンバーで、平和賞5枚。優秀賞4枚。ローズ会長賞10枚。参加賞35枚を選出しました。これらの上位入賞作品は10月8日~9日の3日間、児島市民交流センター2Fギャラリーヘ展示し、ご家族。ご本人ほか皆様をご案内し見て頂きました。今年も平和を願う子供たちの声がポスターを通じて世界へ力強く羽ばたくよう願っております。

青少年健全育成部門

4R-2Z玉島LC
第40回玉島船穂地区
ソフトテニス大会
コロナ禍により開催が危ぶまれたが、感染予防対策をしっかり取ることで、晴天の下、記念すべき第40回大会を挙行できた。40回を記念し、テニスボールに玉島ライオンズクラブの銘入れをし、各校へ贈呈した。また、そのボールを試合球とすることでクラブの認知度向上の一助となった。中学生や先生、保護者にとって記憶に残る大会を企画運営できた。

環境保全・保健福祉部門

5R-lZ倉敷東LC
EM事業
クラブエリア内の小中学校9校のプールにEM活性液を投入

青少年健全育成部門

5R-lZ倉敷真備LC
井原線橋脚に絵を描こう
井原線橋脚をキャンパスに地元中学生に壁画を描く機会を与える事業を行った。青少年健全とともに描いた壁画は真備町の災害復興のシンボル、そして地域の伝承とコロナ禍で不安に思う人々の勇気づけになっている。

YCE/青少年健全育成部門

6R-lZ笠岡東LC
第34回国際平和ポスターコンテストヘの参加
夏体みの宿題の1つとして笠岡市内の小学6年生。中学1年生を対象に募集、334点の作品の応募を頂いた。クラブ内の審査等を行い35点を選考し表彰を行った。

地域奉仕部門

6R-2Z高梁LC
60周年記念事業として温度表示板等を高梁市へ寄贈
6月頃の気温が全国一位にもなることのある高梁市、市民の方に役立てて頂こうと記念事業として「中型温度表示板」を高梁市へ寄贈し市役所前の公園に設置した。また郷上の偉人山田方谷に関する図書「山田方谷伝」30冊を寄贈

GST部門

7R-lZ鳥取中央LC
企業の制服を海外の児童に寄贈
世界の子どもにスマイルをテーマに、海外の児童施設へ玩具や衣類を贈る活動を継続している。今回は障がい者の社会参画促進活動も意図して、ラベル印刷やラミネートを支援作業所に依頼。制服は南米ガイアナ国へ送った。

青少年健全育成部門

7R-lZ鳥取いなばLC
青少年健全育成に貢献
コロナ下で継続事業が出来なくなったため、形を変えて実施した。正月を施設で過ごす鳥取こども学園の子どもたちヘモチやミカンを寄贈。寄宿舎生活の鳥取城北高校相撲部へちゃんこ用の野菜・ミカン・モチを贈呈。

青少年健全育成部門

8R-lZ米子錦LC
第48回郷上の歴史教室「こども歴史探検隊2021」
コロナ禍の中、オリエンテーションでの学習方式「こども歴史探検隊2021」を開催、徒歩や自転車で市街地を巡る「米子市街地探検コース」と自動車や列車で巡る「鉄道のまち米子探検コース」があり、各スポットでクイズが用意され、答えながら歴史スポットを巡る形で行われ、探検終了後に感想文を提出する形で実施いたしました。

環境保全・保健福祉部門

8R-2Z境港美保LC
弓ヶ浜半島環境保全活動
毎月1回第2日曜日7:00~8:00まで弓ヶ浜半島海浜部の清掃活動を実施
砂浜に流れ着く粗大ごみや海洋プラスチック類を拾い上げるとともに松林のごみの除去を行う。

地区ガバナーエレクト・次期第一・第二副地区ガバナー入場

 

地区ガバナーキー伝達・花束贈呈

地区ガバナーエレクト挨拶

次期大会開催地・次期ホストクラブ発表